書評

55歳からのハローワーク 村上龍著 これ職探しの本とは違います

・結婚相談所
・空を飛ぶ夢をもう一度
・キャンピングカー
・ペットロス
・トラベルヘルパー
上記5話からなる中高年の第二の人生の話。
著者のあとがきでは、「連作中編」としています。
でも登場人物も何もかも違うそれぞれがまったく別個の話。
これを連作というのか?
そしてこれは大事です。この小説は職探しの話ではありません。
「中高年の職探し(ハローワーク)の話」「連作中編」
このワードはトラップですお気を付けて。

 

共通点
なぜか気になったのは、5話の主人公がそれぞれ飲み物を好んで飲んでいます。
結婚相談所では紅茶を。空を飛ぶ夢をもう一度ではミネラルウォーターを。キャンピングカーではコーヒー。ペットロスではプーアル茶。トラベルヘルパーでは日本茶を。
あとがきで連作と言われて気になったのがこのことかな。