生活

後鼻漏対策で鼻うがいを試してみる

泣き
泣き
後鼻漏がひどくて、ご飯もおいしく食べられないほどつらいんです
アカハライモリ
アカハライモリ
私も以前はひどかったけど今はだいぶん改善されて楽になったので、つらさはよくわかります。
泣き
泣き
えっ!いいですね。ネットで調べると鼻うがいが良いということですが、ネットで調べれば調べるほど分からなくなって
アカハライモリ
アカハライモリ
鼻うがい。いいですよ。それでわ、鼻うがいについて私の経験談を交えて説明しますね。

鼻うがいのことをもう少し教えてほしい人へ

鼻うがいは、副鼻腔炎、花粉症の症状の緩和になると紹介されています。
後鼻漏は副鼻腔炎からの派生されるものなので、原因となる病症を改善するのは非常に有効な方法です。

またこのように、医師もお勧めの本を書いており、非常に評判のいいものです。

そこで私も試してみたくなり色々調べてみました。

ネットでは簡単そうな意見もあれば、難しいという意見もあり正直よくわからなくなります。

そんなネットの情報の海の中で溺れそうになりながら、私なりに調べたことをまとめてみました。

良いところ
・費用が安い
・自宅で手軽にできる
・好意的な体験者の声を目にする

良くないところ
・中耳炎になる
・鼻にしみる(ツーンとくる)
・そもそも鼻うがいが上手くできない
・アメリカで死亡例が報告されている

 

 

ネットでは耳鼻科の医師が勧めている反面、死亡例が報告されていいたりといろんなな情報があります。

以降、気になる点について解説していきます。

鼻うがいで中耳炎になる

ネットで鼻うがいについて調べていると、度々目にするワード。
本当ならちょっと腰が引けます。

鼻の不快症状を改善しようとして中耳炎になったなんて笑えません。

でも現実には、みんな鼻うがいをやっています。
ということは、そういう危険性もあるというレベルなのか。

そこで調べてみると、ちゃんと注意点を守って行えば怖がる必要がないことが分かります。

注意点とは?

鼻うがいで中耳炎を予防するポイント。

  1. 上を向いてしない。
  2. 終わった後に強く鼻をかまない。
  3. 洗浄水を鼻の中に残したままにしない。
  4. 「えーーー」と声を出しながら鼻うがいをする。

以上3点に注意して行えば大丈夫です。

③については、経験がないと分かりづらいですが。
終わってからも、意外とダラダラと垂れてきます。
終わった後は、ゆっくりと首を左右に揺らして自然に洗浄水を出してあげましょう。
この時に、強く鼻をかむのが一番NGです。

④は、鼻と耳の間に耳管という器官があり通常は閉じています。
そこで「えーーー」と声を出すことにより、開くのを防ぐ効果があります。
①と②については感覚的に分かりますね。

ポイントを守ってやれば中耳炎は怖くない!

 

鼻うがいの費用について 器具(容器)

まずは、器具(容器)を用意します。

 こちらの「ハナノア」は800円程度で購入することができます。
シャワータイプと2種類ありますが、単純に先端の形状が違って鼻穴の中での水流のあたり具合の違いです。
これは好みですので、とりあえず一度お試しくださいとしか言えません。

こちらもほぼ似た機能の商品になります。お値段は約2500円。

まず器具(容器)を用意する。
次に洗浄水をどうするかを考えます。

 

番外編 器具(容器の)の番外編を一応載せておきます。

こちらは、100均で購入した調味料入れ。
それにヘッドフォンについている予備のカバーを先端に取り付けたもの。
費用は100円で済みます。
洗浄水が付属で付いていること等を考えると、ハナノア等の商品を買うのもこちらで代用するのもそんなに違いがないかもしれません。

節約する方向のお考えの方は参考にしてください。

鼻うがいの費用について 洗浄水を選ぶ

鼻うがいは、鼻に関する不快な症状を緩和するもので、花粉症や慢性副鼻腔炎を完治させるものではありません。

ですので、長期的に継続して行うことになります。
そうなると気になるのがランニングコスト(継続して必要になる費用)
これは当然お安いものを選びたいです。

そしてこちらが先ほど紹介した商品の専用の洗浄水。
500㎖で約800円
洗浄用の容器の容量は20㎖です。
人にもよりますが、1度に40㎖使うとして1回50円。
朝晩一日2回使用するとして1日100円

ネットではこちらの商品がお安くてお得という評判


50回分で約900円 1回18円。
ハナノアの専用洗浄水に比べて随分お得です。
こちらは水道水に溶かして使うタイプ。
そのひと手間が気にならない人は、こちらがおすすめですね。
最初の費用はこちらが高いですが、洗浄水はかなりお安くなります。

単純に考えると。
最初に安い器具(容器)を購入して、洗浄液は安いものを選んで使うのがベスト。

でも、値段がずいぶん違います。
洗浄液といっても中身は色々違いがあるのか。

必要な機能は何なのか等を、次から解説していきます。

鼻にしみる。よく聞く生理食塩水とは。

鼻うがいをするとプールで溺れた時のような、鼻にツーンと来る痛みがあるという意見も時折目にします。

これは「浸透圧」という現象が原因です。
浸透圧を非常にざっくりと説明すると。

膜を挟んだ2種類の液体があるとき、濃度の薄い方から濃い方へ、液体が膜の小さな穴を通って移動する現象。

つまり体液よりも濃度の薄い水道水が鼻の穴に大量に入ると、その薄い水道水が粘膜を通って体内に入ってきます。

そのせいでツーンとする痛みが発生します。

ここで鼻うがいでよく目にするワード生理食塩水の登場です。
生理食塩水(濃度0.9%)とは塩分濃度が人間の体液(濃度0.9%)と同じに調整された水。
ですのでこの水を使用すると、濃度がほぼ同じなので鼻の穴の膜を通って洗浄水が体内に水が入ってくることがありません。

ですので、ツーンとする痛みも発生することないという理屈です。

ここまで知識がふえると。
「あれ!じゃあ、水道水に食塩を混ぜれば塩水を作ればいいじゃない」

ということに気が付きます。

結論

水道水に食塩を混ぜて生理食塩水を作れば費用はほぼ0円。

でも、お話はまだまだ続きます。
あわてて水道水に食塩を入れて洗浄液を作る前に以下もお読みください。

鼻うがいでの死亡例と洗浄水

この情報で鼻うがいを躊躇している人も多いのではないでしょうか。

冷静になって情報をまとめてみると。

  1. アメリカで発生した症例で現在においても2人だけ。
  2. 原因は微生物(病原性アメーバ)が脳内に入り繁殖した結果。

つまり非常にまれなケースであり、日本国内では報告されていません。

・この2つから、日本ではあまり気にしなくても大丈夫。
・気になるなら洗浄水を殺菌済みのものを使用すればいい。
という結果になります。

ここまでくるとやはり洗浄水の選定がポイントになります。

 

洗浄水選びのまとめの前に、鼻うがいのお動画をご紹介します。

鼻うがいが上手くできない人への動画

先に紹介した洗浄水サーレSハナクリーンさんの鼻うがいの動画が分かりやすいです。

やり方を調べると、片方の鼻から洗浄水を入れて逆の鼻から出す。
もしくは、鼻から入れて口から出す。
とあります。
でも実際は、入れた鼻の穴からそのまま出してもOKです。
動画でも女性はそのようにしています。

それで十分洗浄されるので問題はありません。

口から出したり、逆の鼻の穴から出さなくても大丈夫です。

鼻うがいの「まとめ」、洗浄水選びが重要。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

鼻うがいを始める、継続して取り組む。
どちらも大事なのは洗浄水選びです。

安全面からの洗浄水選び

アメーバ脳炎による死亡のリスクを避けるために、殺菌された洗浄水を使用しましょう。

精製水、または沸騰させたお湯に食塩を混ぜて濃度0.9%の生理食塩水を作る。
0.9%とは1リッターの水に対して塩を9グラム混ぜます。
500㎖なら4.5グラムです。

私の経験上、適当でOKです。
ちなみに海水の塩分濃度が3.4%です。
0.9%なので、その1/4。分かるようなわからないようなたとえですが。
まあ少し塩味がする程度でOKです。

でも実は、裏技とも呼べる方法があります。
それは、コンタクトレンズ用の精製水を使用する。

こちらは精製水でしかも0.9%の食塩水です。
これなら殺菌済みでしかも0.9%食塩水。ということで、このまま使用できます。
(コンタクト用です、あくまで自己責任でお願いします)

正規品

こちらは鼻うがい用の洗浄水です。

値段が半額以下のコンタクト用の精製水を使うか、正規の鼻うがい用として販売されているものを使うかは、ご自身の判断にお任せいたします。

手間と費用と安全面から洗浄水を選ぶ

洗浄水選びのポイントは。

「安全面」「費用」「手間」

この3つのバランスで各自でお選びください。

  1. 水道水に食塩を混ぜる(ほぼ無料)
  2. 沸騰させた水に食塩を混ぜる(ほぼ無料、沸騰させる手間)
  3. コンタクトレンズ用精製水をのそのまま使用する(500㎖/300円)
  4. 水道水にサーレSを混ぜる(50回/900円)
  5. 精製水に食塩を混ぜる(500ℓ100円から)
  6. ハナクリーン(500ℓ/900円)

選択肢は、多くあります。
各自の思う安全面、費用、手間から考えてお選びください。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
つらい後鼻漏、慢性副鼻腔炎、花粉症を少しでも和らげてください。

最後に
特段危険なことは載せていませんが、あくまでも自己責任でお願いいたします。

 

後鼻漏の症状軽減のために 慢性副鼻腔炎が悪化して後鼻漏になった後鼻漏の不快感を軽減するために色々と試してみて、自分にいは合っていた方法です。ただ水を飲むだけ、皆さんを試しあれ。...

 

後鼻漏がつらいなら加湿空気清浄機で寝室の環境を変えてみる後鼻漏対策は寝室の環境が非常に重要。後鼻漏には「ほこり」と「乾燥」が天敵でこの両方に対して対応してくれる便利な家電製品。加湿空気清浄機は買うしかない。...